visual

line
 蕎麦談義 その1
line

   一時、手打蕎麦に凝り、プロの手ほどきもちょこっと受けたりして、かなり入れ込んだことがありました。山ほどいる素人蕎麦打ちの一人にすぎませんが、拙い経験から、蕎麦を巡る「蘊蓄」を語ってまいりましょう。まずは、「蕎麦は大盛りがいいのか、小盛りがいいのか?」から。二人の蕎麦好きが議論していました。
 小森くん
 「こないださあ、いい蕎麦屋見つけたんだ。蕎麦粉は国産○○で毎日その日の分だけを石臼で挽いてね。盛り蕎麦一枚900円だけど、なんといっても蕎麦粉10割の生粉打ちだからね。それにつゆは〜(以下延々)」
 大森くん
 「僕はそんなの嫌いだね。もったいぶって講釈が多くてさ。そもそも、そんな店じゃ、盛り蕎麦一枚なんて、箸で3~4回もたぐったらお終いで、3枚食べてやっと腹八分、3000円もかかっちゃうだろ。大体、蕎麦なんてものは、昔、唐の時代に、飢饉対策の救荒作物として日本に伝わったんだ。米や麦を食えないから蕎麦を食ってたんだ。蕎麦を高級な食べ物と考えること自体が間違っちょる! 1000円札一枚でお腹一杯にならなけりゃだめだよ。その点、僕が行きつけのあの店は、輸入物の粉も使って、二八だけど、800円の大盛りとくりゃ、ピラミッドのような山盛りで、それだけでお腹一杯だよ。これこそ蕎麦の本来の食べ方というもんだ。」
 小森くん
 「昔はともかく、食の豊かな現代で、蕎麦で腹を太らせようということ自体が野暮なんだよ。蕎麦は小粋な食べ物なんだから小腹を満たす程度に食うもんだよ。寄席に行く前に焼のりと板わさでお銚子一本のお酒、それに盛り一枚を軽くたぐってから落語を聴く、これこそ蕎麦食いの醍醐味だな。」
 皆さんは、大森くん、小森くん、どちらの味方ですか。要は好みなのです。
 蕎麦は古い時代に中国・朝鮮から伝えられましたが、現在のように、打った蕎麦を包丁で切り、麺にして食べるようになったのはずっと後の時代からです。諸説はありますが、江戸初期の1614年、近江の慈性というお坊さんが江戸のお寺で「そば切り」を馳走されたと、「慈性日記」に記したのが、江戸で「麺」の蕎麦が食べられた最初の記録と伝えられています。江戸中期から急速に普及し、至る所に蕎麦屋ができたらしいですね。江戸の街に、寄席と蕎麦屋は今のコンビニ位あったとの説もあります。浮世絵に蕎麦屋の画は沢山ありますし、落語のネタにも多い。
 蕎麦粉10割で、「つなぎ」を入れずに打つのを「生粉(きこ)打ち」と言い、蕎麦屋の看板に「生蕎麦」と書いているのはその意味ですが、そう書いているからと言って、その蕎麦屋が10割蕎麦を出しているかどうかは別ですよ。
 私は、大盛り派。高級なこだわり蕎麦もたまにはいいけど、やっぱり「喰った喰った」という満足感の方がいいですね。
 私の知ってる大盛り派の有名な店は、まず、信州上田市の「刀屋」。ここの盛りは強烈。盛りに数段階あり、大盛りを頼むと、お店の人が「お客さん、大盛りは多すぎるかもね」と親切に言ってくれるほど。池波正太郎が好んだ店だそうです。また、小諸に本店がある「草笛」。新幹線の佐久平駅にも支店があり、すごい人気です。上田城近くの「やぐら亭」もいいですよ。それに、長野市川中島にある「たなぼた庵」。ここの盛りはすごい。大盛りは食べきれません。田んぼの中の一軒家なのに昼は行列ができています。
 それでも、小盛り派も捨てがたいですね。そういえば、人間国宝の先代柳家小さん師匠が、寄席で「時そば」をやった後は、いつも近くの蕎麦屋が満員になったとか。
 噺家が、蕎麦を食べるときと、うどんを食べるときの、仕草の違い、出す音の違い、これも面白い。ああ、盛り蕎麦一枚食べたくなってきました。
 大森くんと小森くんの蕎麦談義はまだまだ続きます。

                                               もさんじん 記

 
[目録へ]
line