visual

line
 私の好きな美術館〜〜碌山美術館(その1)
line

  アルプスを眺める信州安曇野の一角に、北欧の教会風、煉瓦造りの小さな「碌山美術館」があります。私が最も好きな美術館の一つです。その本館の扉には、「この美術館は、29万9100余人の力で生まれたりき」と記されています。碌山の人と芸術を愛する多くの人々の熱い志によって建設されたものなのです。
  碌山(ろくざん)とは、日本の近代彫刻の草分けであった荻原守衛(おぎわらもりえ 明治12~43)の雅号。碌山は、安曇野に生まれ育ち、画家を志ざして貧苦の中で画業に励み、アメリカからフランスに渡ったが、ロダンの「考える人」の像に接し、深い衝撃を受けて彫刻の道を歩むこととなりました。その後、結核に冒され、わずか32歳で夭逝するまでの間に碌山が残した彫刻作品は、我が国の近代彫刻の生成と発展の歴史に燦然と輝いており、それらの作品の多くが、この小さな美術館に展示されています。美術館の庭に展示されている「坑夫の像」は、親友であった詩人高村光太郎が、パリの美術学校で碌山が造った生命力のみなぎる習作を見て、是非壊さずに日本に持ち帰るようにと強く求めたものとのこと。また、本館内にある、「女の胴」は、首もなく、膝から下もない、粗削りの女性の胴だけの彫刻ですが、これは茶目っ気のある碌山が、美術学校で、自分に与えられたモデルよりも隣の女性のモデルの身体の線の美しさに惹かれ、横目で盗み見ながら「刹那の印象」を刻したものと伝えられています。中央には、「女の像」。これは、美術の教科書にもしばしば紹介されるもので、御記憶の方も多いでしょう。碌山の死の直前の遺作で、碌山の悲恋の人であり、碌山を終生愛し、庇護した、相馬愛蔵、黒光(こっこう)夫妻の、夫人相馬黒光の姿を映しているとも言われています。その人となり、人格までが静かに伝わってくるような「北条虎吉像」も素晴らしい。
 これらの話はすべて旧聞に属することです。でも、碌山が我々を引き付けてやまないのは、その透徹した審美眼だと思います。碌山の日記や手紙を読むと、碌山が真の美、芸術を求めて刻苦する中で、ギリシアの彫刻の精緻な美より、むしろエジプトの彫刻の素朴さや力強さの方に心を惹かれたこと、また、そのような生命力に通じるものを、日本の仏教彫刻の中に見出したことなどが語られています。当時、近代国家の仲間入りをしようと懸命になっていた日本においては、美術界でも、一方では西洋に対する崇拝、憧れにより西洋美術に傾倒・追随する動きと、逆に、国粋的・内向的に日本の伝統美を追及する動きとが対照をなしていました。しかし、碌山は、このようないずれの傾向にもとらわれず、西洋であれ日本であれ、それらの相克を超え、自らの眼と心のみに確かに響く美というものを追求しました。そのことは、現代においても、国際社会の動きや時代の最先端の潮流をしっかりと把握して見極め、良きものを採り入れながらも、単にそれらに巻き込まれ、翻弄されるのではなく、日本の誇るべき伝統や文化、国民性と言うものの根幹を揺るがせないという姿勢として、学ぶべきものがあるように思います。
 碌山は、パリを去り、日本に戻るとき、師と仰ぐロダンに、「これから自分に師はいなくなる。誰に学んでいけばよいのでしょう。」と不安な気持ちを訴えました。ロダンは「何も私やギリシア・エジプトを手本にすることはない。仰ぐべき師は至るところにあるではないか。自然、自然の研究こそが最上の師というべきものだ。」と、碌山を励ましたそうです。
 後に、碌山の死を知らされたロダンは、
 「彼は、善く私の制作を観て私の芸術の精神を領解した。フランス人よりも善く領解し た。そして私の芸術を模倣せずに、彼自らの芸術を発見した。彼の死は、彼の不幸の みではない。」
と言って、碌山の死を、日本のために惜しんだと伝えられています。
 次回は、碌山をめぐる人々、相馬愛蔵、黒光夫妻のことなど、お話していきましょう。
                                               もさんじん 記

 (参考)
   「碌山 愛と美に生きる」 財団法人碌山美術館・南安曇教育委員会
   「碌山・32歳の生涯」  仁科惇 三省堂新書
   「荻原守衛の人と芸術」  碌山美術館編  信濃毎日新聞社
 
[目録へ]
line