特許制度、実用新案制度、意匠制度の比較
   
各制度を比較すると、以下のようになります。




実用新案権は取得が簡単ですが、権利行使は大変です
 実用新案権の権利行使には、別途「実用新案技術評価書」を特許庁に請求し、この「実用新案技術評価書」を提示して警告する必要があります。
 また、実用新案権が無効になった場合などには、相手方に与えた損害を賠償しなければならない場合もあります。
 これに対し、特許権は取得が大変ですが、このような制限はありません。