商標制度の概要
   
●商標制度は何を保護するものなのか
 商標権は出願、審査、登録を経て、商標ごとに発生します。商標制度は、商標を保護することによって、その商標について生じる業務上の信用を保護することを目的とします。
 従って、誰がある商標を先に考えついたかは問題となりません。
 例えば、昔登録となった商標でも、既に権利が抹消されて一定の期間が経過したものであれば、他人が考えついた商標でも自分のものとして登録される場合もあります。
 逆に、商標を使用しないことにより、業務上の信用が発生しないか、一定期間経過することによって業務上の信用が消滅してしまっている場合、登録された権利でも取り消されることがあります。


●商標登録を行うとどのようなメリットがあるのか
 商標が商標権として設定登録されると、次のようなメリットがあります。
(1)全く同じ商標、及び登録商標と類似する商標を使用している第三者に、使用しないように請求できる。
(2)上記(1)の使用によって損害が発生した場合には、賠償を請求できる。
(3)登録商標は、更新することによって半永久的に使用することができるため、登録商標について生じた業務上の信用を効果的に保護することが可能となる。
(4)登録商標について使用を希望する第三者にライセンス供与をすることができる。


●商標法によって登録可能な商標の種類
 従来、文字、図形、記号、立体的形状などが、色彩の有無にかかわらず登録可能でした。
 最近これらに加え、動き商標、ホログラム商標、色彩のみからなる商標、おと商標、位置商標の登録が認められました。

→特許庁ホームページ 「新しいタイプの商標の保護制度について」