知的財産制度の概要
知的財産権の種類
 知的財産権には次のものがあります。
〇創作物を保護する権利:特許権、実用新案権、意匠権
〇業務上の信用を保護する権利:商標権
〇表現を保護する権利:著作権
 例えば、新製品を開発して販売する場合、これらの権利はビジネスをスムーズに発展させることに役立ちます。
アイディアを思いついたら・・・
 独創的なアイディアを思いついた場合、そのアイディアを保護する制度がいくつかあります。どの制度を利用するかは、そのアイディアの種類によって選択できます。

アイディアが技術的なものである場合
 アイディアが技術的なものである場合、そのアイディアについて特許権又は実用新案権を取得することによりそのアイディアを保護することができます。
 大雑把に言うと、特許権はより高度な発明を、実用新案権は高度とはいかない考案をも、保護する制度です。

アイディアが物品のデザインである場合
 アイディアが物品のデザインである場合、そのアイディアについて意匠権を取得することによりそのアイディアを保護することができます。



=Q.&A.=
Q.アイディアが技術的でもあり、物品のデザインともいえる場合は、どの制度を利用することができますか?

A.その場合、技術的な側面を特許権又は実用新案権により、また物品のデザインを意匠権により保護することができます。
 つまり、特許権か実用新案権のいずれか一つと、意匠権と、を両方取得することができる場合があります。
 一つの製品のある特徴について、特許権又は実用新案権と意匠権とが登録されていることはよくあります。

例)タイヤのトレッドパターン
燃費を向上させることができるという技術的側面について特許権が、トレッドパターンのデザインについて意匠権が、ともに設定されている場合があります。